DISCUSSION
座談会

第一線で活躍する行員が、
大正銀行の魅力や
仕事のやりがいについて語ります。

大正銀行に入行を決めた理由・キッカケは何ですか?

冨永

就職活動で訪問した会社の中で、大正銀行の行員の方々が一番親しみやすかったことですね。この銀行で絶対働きたいと思い、大正銀行から内定をいただいたその日に、他社はすべて辞退しました。

加羽

僕も親しみやすさをとても感じました。入行してからも、アットホームさや人の温かさが大正銀行にはあるなと日々感じています。

美濃部

私は大学時代に教育福祉学部で子どもからご年配の方までの勉強をしていたこともあり、誰もが大切にする“お金”を扱いたいと考え、銀行を志望しました。その中でも「自分らしさ」を一番出せて、それを受け止めてくれたのが大正銀行でした。

宅和

その気持ち、とても共感できます。大正銀行の選考の雰囲気は和やかですよね。一人ひとりをしっかり見てくれている気がしました。選考結果の連絡も丁寧で嬉しかったのを今でも覚えています。

仕事のやりがいを感じるのは、どんなときですか?

宅和

お客さまが、困っていることがあるときは私を頼ってくださったり、「宅和さんに相談したい」と言ってくださるときは、お客さまと信頼関係を築くことができているのだなと、とても嬉しく、やりがいを感じる瞬間ですね。「お客さまに喜んでいただけること」がキーポイントです。

美濃部

そうですね。私もお客さまのお役に立つことができ、「ありがとう」と笑顔でお帰りになる姿を見たときにやりがいを感じます。他はというと、銀行は幅広い業務をこなすので、一日の業務をミスなく終えることができたときも達成感は大きいですね。

冨永

大正銀行は少数精鋭の銀行なので、一人ひとりが責任感を持ってきっちり業務をこなしていますからね。自分の頑張りが銀行に与えるインパクトがとても大きいと思います。そういったところに僕はすごくやりがいを感じます。

加羽

若手にも仕事を任せてもらえる環境なので、自分の知らないことを勉強・経験できることもやりがいに繋がりますよね。

仕事で大変なこと・悩んだことを教えてください。

冨永

期末等は事務処理が集中するので、その処理が大変ですね。お客さまからいただいた書類に不備があったりすると、再度お客さまに記入していただく等、お客さまにもご迷惑をかけてしまうので気を付けて処理をするようにしています。

宅和

私は仕事が終わった後に、資格の試験勉強をしないといけないときにいつも悩みます。平日は仕事で疲れていると、テキストを開く間もなく寝てしまいます。なので、休みの日に計画的に勉強をするようにしています。

加羽

僕は今の担当業務でパソコンを使うことが多くなったのですが、当初はエクセルが苦手で特に関数に苦労しました(笑)けれど、毎日使っていると上達してきて、今ではしっかり使いこなせるようになっています。

美濃部

毎日の業務で上達されたのですね。伊丹北支店は、来店客数が多い支店なので、配属された当初は戸惑いました。特にテラー担当になった頃は、お客さまの待ち時間や待ち人数を常に意識しながら、効率よく動くことが難しかったです。

大正銀行の雰囲気はどうですか?

美濃部

先輩や上司にいつでも質問・相談しやすい環境です。一人ひとりが「気配り」「思いやり」を持って全員と接しているので、失敗したときは全員でフォローするという考えが根付いています。

宅和

私の支店は女性が多いので、とても楽しい雰囲気です。仕事中はもちろんきっちり業務をこなしていますが、お昼休憩中等は色々な話をしてリラックスしています。オンとオフのメリハリがしっかりしています。

加羽

明るい雰囲気の職場環境ですよね。どの支店・部署も上司に相談しやすい環境が整っていて、とても働きやすいと感じます。

冨永

皆さんの言う通り、大正銀行はすごくアットホームですよね。従業員が少ない分、先輩や上司とも非常に話しやすく、スピーディに仕事をすることができています。

最後に、大正銀行を一言で表してください。

加羽

変革。

冨永

山椒。小粒だがピリリと辛い。

宅和

とにかく優しく、温かい方が多い職場。

美濃部

お客さまとの距離が近く、温もりのある銀行。