DISCUSSION
座談会

第一線で活躍する行員が、
大正銀行の魅力や
仕事のやりがいについて語ります。

大正銀行に入行を決めた理由・キッカケは何ですか?

村井

大正銀行の選考を受けていく中で、行員の方々の温かさを感じることができ、私も一緒に働きたいと思い入行を決めました。

松田

僕も行員の方々の温かさを感じたことですね。説明会で大正銀行を訪れた時に、知らない男性の方に「がんばりや」と声をかけられたんです。その後の役員面接で、その知らない男性が中央にいらっしゃって・・・、当時の頭取だったんです。(笑)

松川

大正銀行のアットホームさが感じられるエピソードですね。行員の方の温かさっていうのは、選考を通じてとても伝わってくるので、そこが皆さんの大きな決めてになっていそうですね。

鍔田

アットホームさもそうですが、僕は大正銀行の歴史あるところや、長年地域のお客さまに信頼されてきている姿に魅力を感じました。実際、僕が生まれる前からお取引をいただいているお客さまがたくさんいます。

仕事のやりがいを感じるのは、どんなときですか?

松田

大正銀行では、自分の仕事が銀行全体に与える影響が大きいところですね。大きな仕事も任せてもらうことができ、フィードバックも直接上司から得られるため、手応えを感じて仕事ができています。

鍔田

僕は、一つの融資案件が上手くいき、お客さまから感謝され、上司からも評価された時にやりがいを感じます。一つの融資案件を成功させるまで、お客さまや関係部署との打ち合わせ、稟議申請等、時間も要するものなので。

村井

そうですよね。そういうやり取りの中で、お客さまから不安や悩みを相談していただけるようになってくるとお客さまとの距離が縮まったなぁとやりがいを感じますよね。

松川

お客さまと信頼関係を築いていくことがやりがいに繋がっていますよね。自分のファンになってくださるお客さまができたときは、とても嬉しかったのを今でも覚えていますから。

仕事で大変なこと・悩んだことを教えてください。

鍔田

案件が集中し、とても忙しくなった時ですね。一つひとつの案件の段取りを組み立てる時に、どうすれば全て上手くいくのかいつも走り回っています。

松田

どの案件も計画通りいくと達成感を感じますよね。僕は、これまでの銀行員人生で、不思議と「大変だ」とか、「悩んだ」思い出が出てこないです(笑)。

松川

銀行の仕事がとても合っているんですね。私は、お客さまの人生でとても大切な「お金」を扱うので、それ故の厳しい規則に入行当初は戸惑ったのを覚えています。

村井

私の場合は、資産運用にご興味のないお客さまにどのようにすればご興味を持っていただけるか…、そのきっかけを作ることが難しいなと感じます。

大正銀行の雰囲気はどうですか?

松川

とても働きやすいなと感じます。少数精鋭の銀行だからこそ、行員同士の距離が近いので、先輩や上司とも話がしやすい雰囲気があります。

村井

私もそう感じています。本当にアットホームな雰囲気で、先輩や上司に相談しやすい環境が整っていますよね。

鍔田

担当している業務に関係なく、手助けし合おうという雰囲気がありますよね。あと、上司にはプライベートな相談にもよく乗っていただいていますし、面倒見の良い方が多いなと感じます。

松田

個性的なメンバーが多く、明るい職場ですね。でも、仕事に対する姿勢は皆厳しく、「明るさの中に厳しさがある」という雰囲気がありますよ。

最後に、大正銀行を一言で表してください。

松田

温厚篤実。

鍔田

小回りが利き、痒いところに手が届く。

村井

温かく親しみやすい銀行。

松川

親しみやすさ。