大正銀行について

会社概要

大正銀行外観写真

創業 大正11年(1922年)4月23日
銀行設立
(相互銀行へ転換)
昭和33年(1958年)10月1日
本店所在地 大阪府大阪市中央区今橋2丁目5番8号
資本金 26億円
代表者 取締役頭取 吉田 雅昭
従業員 344名(平成28年3月31日現在)
預金 4,316億円(平成28年3月31日現在)
貸出金 3,714億円(平成28年3月31日現在)
店舗 27(本支店21か店・6出張所) [大阪府・兵庫県・京都府]
3(店舗外ATM)

平成28年4月1日現在

このページの先頭へ

行名「大正銀行」について

創業が大正時代であることとともに
「大きくそして正しく」伸びていきたいという思いを表しています。

このページの先頭へ

行章について

行章

デザインの中央には大正銀行の前身である関西住宅組合建築株式会社以来の分銅 を、バックには大正の「大」を配しています。

※分銅について
天秤でものの質量を量るために使う質量基準となる金属塊。江戸時代には両替商の看板や藩札等にお金を表す図案として使われていました。(現在は銀行を示す地図記号としても採用されています)
お金を表すことから「信頼関係」の象徴、また天秤が釣り合った状態から「お客さまとの調和や共存共栄」「正確性の追求」等の象徴とされることもあります。

このページの先頭へ

預金保険制度について

預金保険制度とは、金融機関が預金等の払戻しができなくなった場合等に、預金者等を保護し、また資金決済の確保を図ることによって、信用秩序の維持に資することを目的とする制度です。

わが国の預金保険制度は「預金保険法」に定められており、政府・日本銀行・民間金融機関の出資により設立された預金保険機構が制度の運営主体となっています。

大正銀行はこの預金保険制度に加入しています。お客さまが大正銀行にお預入れいただいた預金等は、一定の条件を満たすものについて預金保険制度によって保護されています。